クリスマス直前の、静けさ漂う中での山スキー(パート1)

スイス人の アウトドア ブログ クリスマス直前の、静けさ漂う中での山スキー(パート1)1

12月は、どの国でも最も忙しい月ではないでしょうか。スイスでは特にクリスマス前になると、料理の買い出しや最後のプレゼント調達などで、どの家庭も忙しさが一気に増します。そんなクリスマスの直前は、実は、アウトドアアクティビティを行うのに絶好のタイミングです。多くの人々がクリスマス準備に追われている分、殆どの山は閑散としているのです。そこで、私たちは、今年その時期に、他5人の友人にも声をかけ、3日間の山スキーツアーに出かけることにしました。ツアーの計画においては、山スキーガイド1名を手配しましたが、場所の決定については事前まで保留にしていました。というのも、このツアーのタイトルは「Best Place(最も良い場所」でしたから、出発前日に、3日間のツアー中、天気も含め山スキーに最も良いコンディションの場所を見定めることとしていたのです。ということで、私たちの山スキーツアーは、ミュンステル谷(Münstertal)という、スイス最東端の静かな谷で行われることになりました。


 

ミュンステル谷までは、車で4時間ほどかかりました。出発当日、スイス全域の天候は悪く降雪にも見舞われました。そんな中、ミュンステル谷に向かうには、オッフェン峠(Ofenpass)を越えなければなりませんでしたが、イタリアとの国境近くに位置するこの峠には、イタリアからの車も多く、その多くが、12月にも関わらず、夏用のタイヤから冬用のタイヤに交換せず走らせていたため、悪天候の中当然スリップする車が続々と発生し、そのせいで峠で立ち往生を喰らった私たちのバスは、予定よりも1時間以上遅れで到着したのでした。到着が遅れた分、初日の山スキーの時間も短くなった訳ですが、この日の山スキー場となったバッファローラ山(Piz Buffalora)には、降ったばかりの新雪が深く積もっており、パウダースノーを私たちだけで独占するかのように山スキーを楽しむことができた私たちは、幸先の良い山スキーツアーが切れたと喜んだのでした。

 

 

いつ: 2019年12月21日

どこ: スイス、グラウビュンデン州、ミュステル谷 (Münstertal)

https://www.myswitzerland.com/en-ch/destinations/biosfera-val-muestair/