天からのご褒美、完璧なスキー日和の中での山スキー!(パート2)

スイス人の アウトドア ブログ コロナの前で: 天からのご褒美、完璧なスキー日和の中での山スキー!(パート2)

絶好の天気に恵まれた4日間の山スキーツアー中、まるで春スキーを行なっているかのように暖かく、スキー登山ではかなりの汗をかきました。登り着いた頂上では、のんびりと昼食を楽しむことが出来る程、実に心地良い暖かさでした。通常殆どの場合は、スキー登山で頂上まで到達すると、汗が冷めないうちに直ちに下山する必要があります。今回の天気の良さは本当に異例でした。


 

毎晩宿では、山ガイドが私たちの希望を考慮に入れながら翌日の山スキールートについて提案してくれました。山ガイドは、私たちのツアー計画を楽にしてくれるだけでなく、その時々の天候や山のコンディションを踏まえた上で、ツアー参加者の希望を聞き入れ適切なゲレンデを選び出してくれますから、彼らの存在価値はとても高いと言えます。友人も私たち夫婦も、どちらかと言うと、体育会系的なハードなツアーより、時間に余裕がある中でのんびりとした山スキーを好みます。私たちのフィンシュガウでのツアーは、一日に約1000メートルの高低差をスキーで登り、滑って下山すると言うパターンでした。今シーズンは、こうした山スキーをもっと行うことを目指しています。ですから、今年のイースター休日は山スキーツアーを行うことを既に計画しています。スキーを履いて登山する山スキーは、もちろん体力勝負でもあります。山スキーはやればやるほど体力的コンディションが上がり楽に感じるものなのです。

 

 

いつ: 2020025 9

どこ:イタリア、ヴィノスタのフィンシュガウ