ハルウィル湖での早朝カヌー

スイス人の アウトドア ブログハルウィル湖での早朝カヌー1

5月のある週末、その日は午後から用事が入っていましたが、何かしらのアウトドアアクティビティをしたいと、早起きして、近くのハルウィル湖でカヌーを楽しむことにしました。この湖は、我が家から車でわずか10分のところにあります。前夜のうちに、カヌー漕ぎに必要な用具を全て車に積み終え、当日の朝は、5時起床、コーヒーで目を覚ました後、出発しました。ハルウィル湖のほとりには、ハルウィル城という水堀に囲まれた美しい城が立ってます。私たちはこの城の駐車場で車を停め、城の脇を流れる小川からカヌーを出発させました。この「小さな楽園」では、モーターボートの運転は禁じられています。早朝の小川には、私たち以外人の気配がなく、耳に入ってくるのは、鳥のさえずりと私たちの漕ぐパドルが立てる水の音のみ。私たちの行く手には薄っすらと霧がかかっていて、静寂さと相まって、幻想的な雰囲気でした。


 

小川からハルウィル湖に入り込むと、遠くの雄大なスイス連峰の景色が目に飛び込んできました。この景色には、いつ見ても感動を覚えます。ハルウィル湖で約1時間のカヌー漕ぎを楽しんだ後、湖のほとりにあるレストランに立ち寄りました。このレストランにはカヌーを停められる環境が整っています。私たちは、その日一番乗りの客でした。早起きして、体を動かした後のコーヒーとクロワッサンの味わいは格別でした。軽い朝食でエネルギー補給した私たちは、再びカヌーに乗り込み、復路につきました。帰り路は、向かい風が強く、タフなパドリングを強いられました。早朝のカヌーを満喫した後、家に戻り着いたのは午前10時でした。午後からの用事にとりかかるのに、まだ十分に時間の余裕がありました。早朝の活動は、その日一日に充実感をもたらせてくれます!

 

いつ: 2018年5月26日

どこ: スイスのアールガウ州のハルウィル湖

関連記事: ハルウィル城までの「近場ハイキング」!