不毛の山の世界を体験できる山小屋

スイス人の アウトドア ブログ不毛の山の世界を体験できる山小屋

カンダーシュテッグ(Kandersteg)は、スイスのベルン州にある自治体で壮大な山の風景と樹木 に溢れたアルプスの風景で有名です。カンダーシュテッグからヴァリス州へのアクセスは、電車や車で長いトンネルを通って行くか、峠を超えるハイキングで自力で行くかの選択肢があります。自力の選択をした私たちは、ロッチェンパス(Lötschenpass)という峠越えをしなければなりませ んでした。この峠越えへの道のりは、まず、ガステレン谷(Gasterental)という絵本に出てくる ような美しい谷を通過するのですが、時間的な都合で、ガステレン谷までのルートはバスを利用 することにしました。その後待ち受けているのがロッチェンパスです。峠越えのこのルートは、 氷河の痕跡を辿っており、壮観な景色が続きます。1日中歩き通した後は、ロッチェンパスヒュッ テ(Lötschenpasshütte)という山のど真ん中にポツンと建つ山小屋での宿泊が1日の疲れを癒 してくれるとと共に貴重な体験を提供してくれました。

 


 

冒頭の写真の中の、山の中腹に建つ黒い物 体がロッチェンパスヒュッテです!この山小屋は、標高3000メートル付近に位置しており、360 度アルプスに囲まれた不毛の地で、独特の山の世界を味わうことができます。 毎回のことですが、このような地でも必ず植物の生殖や動物が生息している逞しさには驚かされ ます。特に、アルプス山脈に生息する、ヤギ科で年々成長するツノは10キロを超える大きさにま で成長するとされているアイベックスは、スイスでも滅多に見ることのできない貴重稀な動物で、 その美しく優雅な姿はもはや神々しくもあります。不毛の高地に建つ山小屋で過ごす最大の利点 として、夜になると山小屋の近くまで、アイベックスの群れが姿を現すこと。そして翌朝も、山小 屋の近くでいくつかのアイベックスが見られ、ゆっくりと彼らの動きを観察することができます。

 

ロッチェンパスヒュッテからは、ラウチェルンアルプ(Lauchernalp)までの道のりが続きます。 ラウチェルンアルプはヴァリス州に属し、そこから更に、私ちの山小屋のあるアルビネン (Albinen)という村までの道のりが続きました。ベルン州のラインバッハを出発しアルビネン  の山小屋までの道のりを、私たちは5日間かけて歩き通しました。5日間毎日歩き続けた後のゴー ル地への到着は、達成感で満たされていました。ところで、ラウチェルンアルプとロッチェンパス ヒュッテ間のハイキングルートも安全性の高い整備が施されており、数時間の快適なハイキングが 行えます。どの地の山でもハイキングルートの整備が施されているのは、スイスの最大の強みの一 つだと言えますね。 

 

いつ: 2021年08月11〜13

どこ: スイス、ベルン州のカンダーシュテッグ(Kandersteg)からヴァリス州のアルビネン(Albinen)まで