今シーズン2度目の平日の山スキー

スイス人の アウトドア ブログ 今シーズン2度目の平日の山スキー

1月中旬の平日に、丸一日有給休暇をとり山スキーを楽しんだ私たちは、この日の爽快感をもう一度味わいたいと、引き続き天気予報や雪崩情報のチェックに余念がありませんでした。2月の第1週は、山のアクティビティに好条件であることがわかりました。たっぷりの新雪が積もった山は、雪崩のリスクの心配が全くない訳ではありませんが、比較的勾配が緩い低い山を探し、再び丸一日有給休暇を取ることにしました。私たちが選んだ山は、ソーレンベルグ(Sörenberg)と言って、私たちの住まいから1時間ちょっとで行けるので、日帰りのアクティビティには最適でした。


スイス全土でほぼ毎日新雪が積もっていました。私たちは、登り初めは、割合雪が圧縮されている森の中を歩くことにしました。ここでの光景は、スカンジナビアでの体験を思い起こさせました。森を抜けると、その後はサンサンと太陽の光が降り注ぐ銀世界が広がっていました。私たちスイス人は、日光浴が大好きです。出来る限り長い時間、陽の光を楽しみたいものです。平日にも関わらず、山でのアクティビティを楽しんでいたのは、私たちだけではありませんでした。私たち同様、有給休暇を取って晴天に恵まれた平日の閑静な山を楽しみたいと考える人は、結構いるようです。十分な新雪のおかげで、多くの人が、新雪に自分の足跡残す快感を味わえたようでした。

 

 

いつ: 2019年2月04日

どこ:  スイス、ルツェルン州 Sörenberg