再び、秋のハイキング…

スイス人の アウトドア ブログロ再び、秋のハイキング…

今年の秋休みは、例年より少し遅れて2週間の休暇を取りました。秋休み?と思われた方がいるか もしれませんが、スイスでは、学校を主として、春休み・夏休み・クリスマスから年末年始にか けての冬休みに加え、スポーツ休みと称する秋休みがあります。私たち大人は、もちろん学校の 休みとは切り離して、好きな時に有給休暇を消化できるのですが、休暇を取るタイミングは学校 のそれと割と重なるものです。今回の休みの大半は、ヴァリス州で過ごしました。秋も深まった 10月下旬に休みを取るのは、私たちには珍しいことでしたが、様々な点で有利なタイミングだっ たと言えます。大抵の学校は、10月中旬には秋休みが終わるので、学校の休みとタイミングがず れたことで、山で行き交う人がほとんどなかったのも幸いでした。


 

そして何と言っても、この時 期の山は紅葉が素晴らしく、スイスでは「黄金の秋は常に存在するわけではない」と言われるほ ど、美しい紅葉と済んだ青い空は、長い冬が到来する前の一瞬の楽しみなのです。例え濃い霧に 覆われた日でも、上空では良い天気が期待されます。私たちはそんな美しい季節の中、ヴァリス 州のガンペル(Gampel)というエリアで3時間程度のハイキングを行うことにしました。まず、ブラアチ(Braatsch)という小さな村に車を駐め、そこからローネ谷(Rhonetal)のガンペ ルを目指して下るように歩きました。ガンペルエリアでは、Suone と呼ばれる、大昔に作られた 山の中を巡る歴史的な古い水路に沿って歩き、エルシュマットという行政教区の村を経由して、山 の上部へとハイキングを続けた後、再び車を駐車したブラアチの村への復路をたどりました。今 回のハイキングでは、特別なパノラマビューや有名スポットなどに触れたわけではありませんが、 ハイキング中に体験できる些細なこと、例えば、濃霧に覆われていた視界に、太陽の光が差し込 み、それまで霧で見えなかった景色が突然目の前に姿を現したり、そしてもちろん、この時期の 貴重な黄金色の景色は私たちの五感を癒してくれます。太陽が燦々と降り注ぐ暑い夏の季節には得 られない、秋ならではの味わいが楽しめたハイキングでした。

 

いつ: 2020年10月24日

どこ: スイス南部、ヴァリス州のガンペル(Gampel)

参照:https://www.schweizmobil.ch/en/wanderland/services/places/ort-0260.html