秘境の谷、ティチーノ州のオンセルノーネ谷でハイキング

スイス人の アウトドア ブログ秘境の谷、ティチーノ州のオンセルノーネ谷でハイキング1

昨年、友人夫婦がティチーノ州に小さな別荘を購入しました。これは、ティチーノ州を訪れる絶好の機会!と思った私たちは、7月の連休を利用して、別荘で過ごしている友人夫婦を訪ねながら、ティチーノ州はオンセルノーネ谷で2日間のハイキングを行う計画を立てました。オンセルノーネ谷は、美しい谷の多いティチーノ州の中でも比較的古く手付かずの風情が残る神秘的な谷(地域)です。この谷は、ティチーノ州で有名な街ロカルノの西側に位置し、イタリアとの国境近くにあります。険しい山々に囲まれたこの谷は、栗の森をはじめ広葉樹の森が密集しており緑豊かな風景が特徴的です。この谷の集落は、他の地域より孤立した場所にあり、カーブのきつい山道が続き、ハイキングトレイルも当然、傾斜が厳しく、他のハイカーを見かけることはありませんでした。


 

初日、私たちはこの険しいハイキングトレイを6時間も歩き通しました。タフな登り坂を何時間も歩き続け、山の上部を目指しました。ハイキング途中、幾度と目にしたのは、まるで絵画に描かれたような、この地域の伝統的な石造りの家々でした。この石造りの家は、ルスティコ(Rustico)と呼ばれています。非常に暑い中、私たちは井戸や湧き水を見つける毎に、飲み水の確保に努めました。この2日間のハイキングには、着替えや食料品の他に、野宿のためのテントと寝床となるマット類もリュックに積み込んでいました。山の上部に到達すると、テントを張るのに最高の場所が見つかりました。眼下には、この付近の地域全体が見渡せ、夕焼けを夜遅い時間まで楽しむことができました。

 

スイス人の アウトドア ブログ秘境の谷、ティチーノ州のオンセルノーネ谷でハイキング2

翌日は、オンセルノーネ谷の村、シュプルガ(Spruga)を目指して下山しました。途中、昔の古い農村地帯を目にしました。昔、この地域の農村が盛んだったようですが、今は、わずかな羊や馬を見る程度です。ほとんどの家は使われておらず、空き家となっていました。人の行き交う道がほとんどなく、孤独感漂うこの地域は、私たちにとって魅力的でした。ですから、次の休暇も、この地域に戻ってくることを決めたのでした。スイスの最大の魅力は、ハイキングを楽しめる環境が国中に点在していることです。オンセルノール谷のような小さな地域から、マッターホルンの麓のツェルマットまで….。スイスはハイキングパラダイスです!


いつ: 2019年7月19日~21日

どこ:スイス南部のティチーノ州、オンセルノーネ谷

オンセルノーネ谷について(英語): https://www.myswitzerland.com/ja/destinations/valle-onsernone/