高級山岳リゾート、グシュタードまでのハイキング

スイス人の アウトドア ブログロ高級山岳リゾート、グシュタードまでのハイキング1

1週間の有給休暇をとり、4日間ヴァリス州の比較的険しい山でハイキングをして過ごした私たちは、少々疲労のたまりを感じながらも、せっかくだからと、残りの休日もハイキングを続けることにしました。後半は、あまり高低差のない緩やかなハイキングコースをと、目指したのは、グシュタード(Gstaad)でした。グシュタードは、高級山岳リゾートとして有名で、スイス国内外の富裕層に人気の高いリゾート地です。このエリアは、ハイキングやスキーをはじめとする山でのアクティビティを楽しめることはもちろんのこと、クラシックコンサートや国際競技大会などのイベントも充実しており、美しい自然に囲まれた山村はまるで絵葉書のように美しいのです。スイス人の私は、実は、今回初めてグシュタードを訪れました。美しいアルプス風景に加え、スイスの伝統的なシャレーが立ち並ぶ町並みは可愛らしく、国内外のセレブ同様、私もグシュタードの美しさにすっかり魅了されました。


 

まだ二日間の休暇が残っていた私たちは、クシュタイク(Gsteig)という村からグシュタードまでハイキングすることにしました。天気良好だったため、一泊は山でテントを張って野宿することにしました。山中で理想的なテント設置環境を見つけることはそう容易なことではありません。理想とするテント設置場とは、周囲に何も建物が全くなく、他の人や動物からも邪魔されないような「自然の中に私たちだけ」という環境です。このような環境に、運良くしばしば出会す私たちは、今回も理想に叶った場所を見つけ出すことができました。テント一式はリュックサックの中に収めて持ち歩くため、ハイキング時は大抵小さいサイズのものを持参するようにしています。サイズが小さい分、設置するための平坦な地も、およそ三平米程で足ります。テント設置の経験豊富な私たちにとって、設置に適した平地を見つけるのは朝飯前です。今回私たちが設置した場所は、左右に素晴らしい山の景色を拝むことができました。夕暮れ時、突然数頭の牛が私たちのテントに近づいてきました。テントはフェンス(山中での牛の放牧は、牛がある一定の領域に留まるようフェンスが敷かれています)の外側に設置していましたから、牛たちはフェンス越しに私たちの様子を伺っていましたが、しばらくすると興味が無くなったかのように遠ざかっていきました。この近辺の地域では、多くの牛を目にすることができます。夏の間は、山のあちこちで放牧されており、ハイキングしていると必ず、牧草地でのびのびと過ごす牛の群れに遭遇します。

 

スイス人の アウトドア ブログロ高級山岳リゾート、グシュタードまでのハイキング2

ハイキングのゴール地グシュタートに到着した私たちは、スパ(温泉のような温水プール設備)があり美味しい食事を提供してくれる素敵なホテルで最後の晩を過ごすことにしました。何泊もテントで野宿した後のホテルで過ごす時間は、究極の贅沢感が味わえます。翌日、グシュタードを去る日は、偶然、「牧くだり」と言って、夏の間山で放牧されていた牛たちが麓に下りてくるパレードが行われていました。牧くだりは、スイスの伝統的な行事の一つで、華やかに飾られた牛たちの晴れ舞台です!牛の飼い主である牧夫や牧童たちも伝統衣装を着て牛と共にパレードを歩きます。パレードで賑わうグシュタードのメイン通りには、たくさんの露店も出ていて、音楽隊の演奏もあり楽しいお祭り騒ぎでした。「牧くだり」のお陰で、私たちは休暇の最終日を最高なカタチで締めくくることができました。


いつ: 2019年8月29-30日

どこ: スイス、ベルン州のクシュタイク(Gsteig)~グシュタード(Gstaad)

参考:MySwitzerland(グシュタードについて)(英語で): https://www.myswitzerland.com/ja/destinations/gstaad/