目的地を定めず、気の向くままにハイキング

スイス人の アウトドア ブログ目的地を定めず、気の向くままにハイキング1

2週間の秋休みの大半を、このブログでお馴染みの、ヴァリス州にある山小屋で過ごしていた私達 は、毎日を常に計画的にアクティブに過ごしていたわけではありません。山小屋自体、山の中腹 にありますから、計画せずとも思い立ったら直ぐに、山小屋から直接ハイキングへと出かけられ ます。そんな秋休み中のある日、どこか山の上で太陽の光をめいいっぱい浴びたいと思い立ち、 直ぐに実行する事にしました。どの山を目指すかは決めず、思いのままに歩き始めました。最初に 足が向かったのは、トレンタルプ(Torrentalp)とうい村でした。村を通過し、さらにリンデル ヒュッテ(Rinderhütte)という山小屋方面へと歩き続けました。この山小屋のある地は、冬にな るとロイケルバード(Leukerbad)からのスキー場になります。この一帯からは、夏冬どのシーズ ンでも、ゴツゴツとした豪快な岩壁が一望できますが、秋はさらに、眼下には美しい紅葉が広が り、上を見上げると雪に覆われた山頂が拝め、二重も三重も素晴らしい景色が楽しめます。


 

私達の気ままなハイキングは、さらに上へ上へと続き、ホールリ二(Horlini)という山の頂上へと 到達しました。標高2450メートルのこの山頂からは絶景の眺めが見渡せます。冬の到来も間もな いというのに、山頂あたりではこの時期になってようやく初雪が降った様でした。頂上からの眺 めは本当に見事でした。眼下のローネ谷から、遠く向こうには標高4000メートル級のスイスアル プスまで見渡せ息を呑むほど素晴らしい眺めです。朝思い立って出発したハイキングは、結局、ホー ルリニ山の頂上へと辿り着きましたが、私達にとっては、気の向くままに、心地よい秋のハイキ ングとなりました。私達は頂上までの道のりを全て歩き通しましたが、体力に自信の無い方でも ロイケルバードから登山鉄道を利用してリンデルヒュッテの山小屋までは一気に上がって来れます ので、山小屋から少し頑張れば、ホールリニ山の頂上からの絶景を楽しむことができます。

 

いつ: 2020年10月24日

どこ: スイス南部、ヴァリス州のホールリニ山(Horlini)