夏のアウトドアアクティビティといえば、川泳ぎ!

スイス人の アウトドア ブログ夏のアウトドアアクティビティといえば、川泳ぎ!1

この6月、スイスでは例年になく猛暑日が続き、仕事から帰ると、真っ先に冷たいシャワーを浴びたり、アイスクリームを頬張ったり、はたまた川や湖に泳ぎに行ったり、日々涼むことばかりを考えていました。

 

川や湖泳ぎを(スイスには海がありませんので)「アウトドアアクティビティ」と称していいかわかりませんが、自宅から自転車でわずか15分くらいの距離にある川でのスイミングは、私たちにとって、最も手軽に楽しめる夏の野外アクティビティだと言えます。


 

仕事から家に戻ると、すぐに水着に着替え、飲み物やスナック等を持参して自転車でアーレ川に泳ぎに行き、そのまま持参したスナック類で簡単な夕食を済ませるというのが、私たちのいつものパターンです。夕方のアーレ川は、子連れの家族が帰った後で人混みがなく、のんびりとした雰囲気が漂っています。アーレ川には、何箇所か泳ぐのに適したスポットがありますが、人気スポットは大抵陣取られていて、私たちは、そうした知られたスポットは避け、人目につかない“隠れ場”を見つけ出し、自分達だけのプライベート空間をこっそりと楽しんでいます(人間以外の小動物にはたくさん遭遇しますが!)

 

スイス人の アウトドア ブログ夏のアウトドアアクティビティといえば、川泳ぎ!2

アーレ川のスイミングスポットは、川の流れが殆どなく、泳いでいて流される危険性は殆どありません。とはいえ、水域においての油断は禁物です。公共水域で泳ぐというと、よく、水質汚染についての疑問や懸念の声も聞きますが、スイスの公共水は基本的にどこも良質で、汚染を心配する必要はありません。

 

川泳ぎで最も有名な川は、バーゼルの街中を流れるライン川で、ライン川泳ぎは夏の風物詩として広く知られています。首都ベルンに流れるアーレ川にも有名スポットがありますが、これらの川では、しっかり泳げることが条件となっています。本格的な川泳ぎについては、また別の機会にご紹介したいと思います。