山小屋で迎えた元旦

スイス人の アウトドア ブログ 山小屋で迎えた元旦

この近年恒例となりつつあるのは、クリスマス前の山スキーツアーに限らず、年末年始をヴァリス 州の山小屋で過ごすことも、その一つになっています。コロナの収束が全く見えないながらも、 年末年始、スイスのスキー場は営業を再開させていました。いつもなら迷いなくスキー場に足を 運ぶのですが、様々な理由から今回はスキー場へ行くのを諦めることにしました。山小屋滞在中 の天気予報はイマイチでしたが、元旦は、晴れ間に太陽が顔を出してくれたので、私たちはスノー シューハイキングに出かけることにしました。特に目的地を決めず、ただただ日の当たる場所を目 指して歩き出しました。これまで何度もこの山小屋で過ごしている私たちにとって、周囲の景色 は見慣れているはずですが、雪に覆われた景色はいつ見ても新鮮です!


 

スノーシューハイキングは、整備されたハイキングコースを歩いたり、コースを外れてワイルドな 雪山に入ったりと、スノーシューのお陰で深い積雪の上も問題なく歩くことができます。山スキー に限らず、スノーシューを行う上でも、ハイキングコースを外れるからには、雪崩の危険性につい ての考慮や万一の際への備えは決して怠れません。私たちはスノーシューツアーに出る際、必ず、 雪崩ビーコンとスノーシャベルを持参するようにしています。日本でのスノーシューハイキングの 普及度についてわかりませんが、もし自然の雪山でスノーシューをする機会がありましたら、雪 崩への警戒に努めることをお勧めします。 2021年の年明けを、スノーシューハイキングで迎えた私たちは、例えコロナが長引いたとしても、 今年も様々なアウトドアアクティビティを存分に楽むことを心に誓ったのでした。

 

 

いつ: 2021年1月01日

どこ: スイス南部、ヴァリス州のロイケルバード近郊

参照:スノーシューって何?

https://www.dod.camp/journal/archives/32608/