アルゼンチンでホーストレッキング(パート2):大自然の中でアウトドアライフを大満喫!

スイス人の アウトドア ブログ アルゼンチンでホーストレッキング(パート2):大自然の中でアウトドアライフを大満喫!1

この記事でも、引き続き、アルゼンチンはパタゴニア北部でのホーストレッキング体験について紹介したいと思います。トータル10日間のホーストレッキングツアーは、私たち夫婦を含む5人のツアー客に加え、3人のガイド(ツアー補助)から成るグループでした。ツアー中、目にする景色はどこもかしこも壮大で、手つかずの素晴らしい大自然の宝庫でした。ワイルドな自然環境に溶け込むよう、ツアー中は、寝泊りも食事も団欒も、もちろん野外です。一日のホーストレッキング後の流れはいつも決まってました。キャンプ場に着くと、先ず馬たちのサドルを外し、”ボス馬”のみ繋いでおきます。そうすることで、他の馬たちが自由に動き回ることができるのです。馬たちを解放した後は、各自荷物を運び、各自でテントを張り、その晩の寝床を整えます。その横で、ガイドたちはキャンプファイヤーをおこし、夕食の支度に取り掛かります。キャンプファイヤーで8人分の食事を作るのはそう簡単なことではありませんが、ガイドたちは、毎晩美味しい料理を振舞ってくれました。


続きを読む

アルゼンチンでホーストレッキング(パート1):気分はカウガール!

スイス人の アウトドア ブログ アルゼンチンでホーストレッキング(パート1):気分はカウガール!1

昨年の秋の九州自転車旅行から、まだ4ヶ月ほどしか経っていませんが、私たち夫婦は再び3週間の長期休暇をとり、今度はアルゼンチンの北パタゴニアへと渡航しました。このブログを読んでくださっている人の中には、「休暇だらけでまともに働いているのか?」と疑問に思う方がいるかもしれませんが、私たち夫婦はともにほぼフルタイムの就労者で、毎年の有給休暇をフルに活用して趣味のアウトドアアクティビティを満喫しています。スイスでは有給休暇が年間最低4週間から多い人で6週間ほどあり、スイス国民の毎年の有給休暇消化率はほぼ100%といえます。私たち夫婦は、年に6週間の有給休暇がありますから、今回のアルゼンチン旅行実現のために、2019年の半分の休暇を利用したことになります。


続きを読む

大好きなホーストレッキングでスイスアルプスを満喫

スイス人の アウトドア ブログ 大好きなホーストレッキングでスイスアルプスを満喫1

私はホーストレッキング(=外乗で行う乗馬)が大好きです。カウボーイのように馬にまたがって、山道や森林、草原などを駆け回るのは何ともエキサイティングなことです。個人的には、数日かけて、馬上からの景色を楽しみながら、その日その日の目的地を目指して移動することにワクワク感を感じています。この夏、私たちは1週間の夏休みを利用して、5日間のホーストレッキングツアーに参加しました。ツアーの会場はスイスアルプス。スイスアルプスは、5日間のホーストレッキングを行うのに、馬上からの景色も、またトレッキングコースも優れています。2年前のシベリアでのホーストレッキング以来、私たちは、乗馬はもちろん、馬と触れ合うことさえもご無沙汰していましたが、このツアーでは、さほど2年のブランクを感じることなく、幸いにも、お尻の痛みを味わうことなく、とても楽しい時間を過ごすことができました。


続きを読む

シベリアでの乗馬トレッキングの急な終わり

スイス人の アウトドア ブログ シベリアでの乗馬トレッキングの急な終わり 1

アウトドアアクティビティの中で私たちは乗馬トレッキングが特に好きです。私たちの主な乗馬トレッキングアクティビティは、1〜2週間かけて毎日日々の宿泊場を目指しながらの乗馬移動です。宿泊場には、自然の野外でテントを張るのに適し、馬のエサになり得る草や水が確保できる環境が必要です。乗馬トレッキング中は、この間必要な食料品含む全ての荷物を馬に乗せて運びますので、移動のテンポはゆっくりです。


2016年の夏、私たちはロシアのシベリアでの2週間の乗馬トレッキングを計画しました。飛行機でスイスからモスクワへと渡り、モスクワからはシベリア鉄道で50時間かけてシベリアの中心都市ノヴォシビルスクを目指しました。丸々2日間もの長時間を電車で過ごすというのも、なかなか冒険的な体験でした。


続きを読む